足の休憩室オリジナル商品は、amazon、yahooショッピングでもお買い求めいただけます。
yahoo.jpgamazon.jpg  

冬から春のお手入れ 2月〜3月

2月〜3月のお手入れ


季節の変わり目は、気温の寒暖があるため足が荒れやすい季節になります。
また、暖かくなっきてちょっとお手入れを油断してしまうのもこの季節です。
やはり、まめに角質を取りきれいな足を維持することが大切です。
保湿成分のある「入浴剤」も効果大です!

割れてしまった踵の応急処置 割れたかかとの対処法.jpg
カットバンをキツめに横に貼ってください。これだけでも歩いて痛みを感じ無くなります。
あまりひどくなっているのでしたら、一度フットケアの専門店で相談してください。
体重が増えることで 割れる場合もあります。

冬期間は代謝が落ちるので、体重が増加しやすい季節です。

たまに体重もチェックしましょう。

 

 

乾燥や荒れには こちら

お店のマッサージクリーム「ゲルホームクリーム」

肌荒れや乾燥をしっかりガード。

柔らかい肌や柔らかい足を維持するなら!このクリーム!

4月にふさわしい「足」に!なりましょう。

4月らしい「足」とは目指せ美足!.jpg

冬の疲れや荒れを取り除いた

「スッキリと美しい足」が

ふさわしい季節です。

 
気分を変えるのは「足」から!
足の疲れを取った「スッキリ足」になると、

不思議に気分も足取りも軽やかになりますよ! 


新緑の香り、たとえば精油のウッディな香り(シダーウッドやヒバなど)を

入れた足浴やアロマの入浴剤で、のんびり入浴。

(GAIAのバスエッセンスの香りがおすすめ)

まず、リラックス。そして季節の野菜があなたの活力を増強し、元気な足を

つくります。できれば地元の新鮮な野菜をとりましょう。

 

野菜が苦手な人は、果物と野菜のジュースでどうぞ。

 

4月にふざわしい足は「春」を楽しむ気持ちの余裕から!

楽しい!と思うだけで、身体の血液の流れが良くなります。

そして、「足」も冷えづらくなります!

夏の足のお手入れ 6月〜8月

<夏編>足のお手入れ

 

6月

初夏にふさわしい足裏にしましょう。季節の変わり目は足がむくみやすい

のでまめに足の疲れをとりましょう。

むくみに効果があるのは部分浴の「足浴」です。

少し深めの桶や洗面器に40度くらいのお湯を入れ 塩を一つまみ入れま

しょう(料理のように!)

(注意)足に傷があるときは やめてください。傷が痛くなります。

5分〜10分「足浴」をすると スッキリしますよ。

かかとや足裏の固い部分は 専用の角質取りでとりましょう。

古い角質は水虫の繁殖の原因にもなります。角質をまめに取ったほうが

むくみも取れやすくなります。

 

7月

食欲が落ちやすい季節のお手入れは 足の土踏まずを刺激すること!

冷房は身体の疲労度を増す原因です。

内臓が冷えやすい「冷房病」の改善は 土踏まずをラップの芯や

ゴルフボールで刺激しましょう。片足1〜2分 足を前後に動かして

土踏まずをマッサージしてください。

足のムレやあせも、臭い、水虫対策は5本指靴下がおすすめです。

(足がいつでも爽快ですよ)

 

8月

寝苦しい季節で体力を消耗していませんか?

夏バテを乗り切るのは、季節の夏野菜です。サラダや酢の物で

食べましょう!

夏バテ防止.jpg

野菜たっぷりの冷やしラーメンは 食欲をそそります!

(レタス キューリ 貝割れ キャベツ なんでも盛り付けできますよ)

食欲が出ない人は、ミキサーで野菜ジュースをつくりましょう。冷凍にした

バナナをいれるとおいしく飲めます。

野菜を補給したら、次は足のお手入れです。

7月と同じく土踏まずをまず刺激して、お腹を元気にします。

今月の足浴はアロマ「ペパーミント」涼みますよ〜。

足浴用の桶にお湯を入れ(38度〜40度くらいの熱さ)そのあとで

精油のペパーミントを3〜4滴入れて出来上がりです。

精油の足浴は 足の消毒効果もあります。香りと心地よさをぜひ

体験してください。

秋から冬のお手入れ 9月〜10月

9月

札幌はやっと涼しい季節になりましたが、猛暑・残暑・酷暑の地

の皆様はさぞやバテバテのことでしょう。

 

あまりにも暑い!のは困りますが、発汗する季節は代謝もよく

足のマッサージの効果も高まる季節です。

 

代謝がいいということは、角質もたまりやすいということです。

身体を洗う時に忘れがちな足全体、特に指の間を石鹸でしっかり

洗いましょう。

お店ですすめているのが「ミューズの石鹸」

安いし、肌にやさしいし、殺菌効果もあるし!と好評です。

 

足の裏の角質をたまに取っておくと、疲労回復効果もあります。

 

角質のとり方は 

こちらのページも参考に http://bnfoot.websen.jp/category/1427951.html

 

10月

 

季節の変わり目は 身体にも足にも疲労が出ます。

気分転換を上手にしましょう。

 

なんでもいいのですが、

自分が好きなことをすると、気分転換になります。

季節の変わり目は、足も「荒れやすく」なります。

足のケアやマッサージも気分が足もとても変わります! 

 

手軽に出来る「ペットボトル土踏まず温浴」もお薦めです!

写真(2012-10-23 17.25).jpg

  詳しくは こちらも御覧ください!

秋から冬の足のお手入れ 11月

11月

スキャン0017.jpg
風が冷たくなる季節、気温が変わりやすい季節は

「風邪」を引きやすくなります。

まだまだ、夏仕様の体のため気温の変化に適応していません。

こんな時は、足もかなり疲れやすく、冷えやすく、荒れやすいのです。


猛暑の疲れも「足」にはまだまだ残っています。


身体のオーバーホールは「足の疲れ」を取ることから!


おすすめのアドバイスは


1)リラックスを!例えば温泉・軽く身体を動かす 

2)季節の野菜を食べる。

  季節の野菜には免疫力を高める作用があります。  

3)足浴 足を温めて、風邪を予防!        

  特にユーカリやティートリーなどのアロマを入れた足浴は

  風邪の予防に効果大!

 

アロマには、免疫力を向上させる作用もあります。

香りで「足」も「気持ち」もリフレッシュしましょう!

12月〜1月 年末年始の足のお手入れ

12月

 
1年の疲れが出る季節です。さらに気温が安定しない季節です。

こういう時は「足」はかなり疲れがたまり、かたくなりやすい!です。

 12月こそ、足をピカピカに磨き、こりかたまった疲れを取り出しましょう。


スキャン0016.jpg

 
開運は「きれいな足から」始まりますよ〜!

  
気持よく新年を迎えたい方へ

 
ー用意するものー
角質取り(レデューサー)1本(600円〜1000円) 

軽くこするだけで足裏の角質(垢)がとれるものです。 

これで新年にふさわしい「足」になれます!

 

ゴルフボールを転がす.jpg
ゴルフボールか同サイズの球状のもの、

ラップの芯などを床に置いてコロコロ転がすだけでも、

足の疲れが解消します。

ゴルフボールの足マッサージのコツは こちらから


こちら、「ラップの芯でできる足マッサージ」

「足占い」アドバイスも参考にお試しください。

意外に効果あり!なんです。しかもタダ!です。


1月


この月は簡単です。
上記の12月の「開運足」を維持して頂けると体調も万全で過ごせます。 


継続が力!いえ、健康になります! 

真冬のお手入れ

1月
目指すは「開運足」!良いことが起きやすい「足」にしましょう。
例 その1 無理なくダイエット! 
良い足 ⇒ 足が軽い ⇒ フットワークが良くなる ⇒ やせる 
(歩き方次第で、ダイエット効果がぐ〜んとかわります!)

その2 冷えやむくみを解消!理想的な足にすると ⇒ 血液やリンパ液の循環が良くなる ⇒ 冷え・むくみが減少 
(理想的な足とは、簡単に言いますときれいな足です。タコやカサツキ、ひび割れのない適度に弾力のある足が理想的です)

その3 疲れが取れます!足の裏に「全身の疲れ」が溜まります。お金が貯まるのでしたら大歓迎ですが、疲れがたまるとお金以上に複利で疲れがたまります。日頃、放置している「足」をほんの少しいたわると、全身の疲れがどっと足から出ていきます!
1月から2月のお手入れのポイント
なんといっても!一番足裏がアレる季節です。 こまめに足裏の角質を取って、荒れを防ぎましょう! さらに、クリーム等をぬり、荒れがひどいときはラップや ビニールで足をおおい、数分放置を。 その後、タオルで軽くふきとって終了!
自分では出来ない人は、「足の休憩室」へ 取り方のアドバイスも行っています。