足の休憩室オリジナル商品は、amazon、yahooショッピングでもお買い求めいただけます。
yahoo.jpgamazon.jpg  

足Q式「ペットボトル」湯たんぽ 活用方法

2リットルのペットボトルを使って、冷えを改善する方法を

ご紹介いたします。

 

さらに、光電子を使って、もっと血流を改善する方法も

合わせてご紹介。

 

 

使用済みのペットボトルでOK

 

ちょっと熱めの50〜70度前後のお湯を入れるだけ

     (ペットボトルによって熱めのお湯で歪む場合がありますので

      注意をしましょう。すこし厚手のボトルがおすすめです)

足や手を温めると、全身が温まる

 

じんわり深部まで届く気持ちのよい温かさ

 

光電子100%を使うと更に効果倍増

 

 

お湯のみを入れて使う場合は素足か薄い靴下で行います。

光電子のネットをお持ちの方は、ペットボトルの上に置いて使います。

光電子の枕をお持ちの方は、枕から光電子のパイプを取り出して使います。

 

光電子100%の商品は、

ちょっと高価なところが難点ですが、ものすごく色々活用できるので、

高いけれど、お得感がいっぱいです。

 

光電子100%のパワーネットは2種類あります。

51hnkW2NspL._AA160_.jpg Amazonで販売しています

Sサイズ(30cm×30cm)1,300円

41hJOXkZ13L._AA160_.jpgAmazonで販売しています

Mサイズ(30cm×90cm)3,900円

 

 

光電子100%の枕は2種類あります。

枕はAmazonやお店で販売しています。

41B7QlF7x0L._AA160_.jpg Amazonで販売しています

光電子100%「たまゆら枕」

「光電子100% IR枕」

中サイズ 15,800円です。

 

 

けっこうなお値段です。

ですが、まず、安眠効果もあり、脳にも◎ 首にも◎

 

枕を好みの高さにする時に、取り出した光電子パイプを使って

健康増進ができる方法をご紹介します。

 

1)水道水を美味しくします!

121023_2154~01.jpg

注)ミネラルウォーターには使えません。味が変わります。

 

2)ペットボトル湯たんぽの時に使うと、身体の芯も

  温まります。(手、足、お腹、もも、などに使えます)

  じわ〜っと温まるのが特長です。冷えたところはジンジンします。

121023_1709~01.jpg

2gのペットボトルに少量の光電子パイプを入れ、お湯をギリギリまで

いれます。※ふたをしっかり締めてください!

使い終わったお湯にも「活用方法」があります!

 

3)袋にいれてアイマスクや顔パックに使えます。

 

では、「ペットボトル湯たんぽ」実践編

(光電子がないの場合はお湯だけでOK)

 

「光電子入りペットボトル」の使い方

 ◎ペットボトルは「固め」のしっかりしたものを使います。

 ◎キャップをしっかり締めます

 

@床に横に置きます。

121023_1709~02.jpg幅の広い面を床に置きます。

光電子のパイプが均等になるように

少し上下に動かしましょう。

 

A両足の土踏まずをペットボトルの上に置きます。

写真(2012-10-23 17.14) #2.jpg

まず、土踏まずから温めます。

写真(2012-10-23 17.25).jpg

光電子がない場合の「ペットボトル湯たんぽ」は

素足や薄い靴下のほうが温まりやすいです!

 

B指先周辺を温めます。

写真(2012-10-23 17.15).jpg

次に指先までを温めます。

写真(2012-10-23 17.19).jpg

たまに、指を少し曲げて写真のように

ペットボトルに密着させると、身体がより温まります。

 

Cかかとを温めます。

写真(2012-10-23 17.16).jpg

今度はかかとを乗せてください。

 

D繰り返します!

写真(2012-10-23 17.14) #2.jpg まず土踏まず

    ⇓

写真(2012-10-23 17.15).jpg 足の前部分

    ⇓

写真(2012-10-23 17.16).jpg かかと

「足の冷え」に応じて、2回〜3回繰り返します。

それぞれ、3〜4分くらい温めてください。

 

E次は外側です。

写真(2012-10-23 17.16) #3.jpg

写真(2012-10-23 17.17).jpg

外側は足を開いて写真のように温めます。(2〜3分)

これで裏側は終了です。

 

F次は甲を温めます。

写真(2012-10-23 17.17) #2.jpg

足の甲の部分に置いて温めます。

位置を少し移動しながら、5分くらい

温めましょう。

写真(2012-10-23 17.27).jpg

素足の場合はこんな感じで置きます。

 

以上で終了です。

 

同様に手も行うと、より冷えが改善されます。

手の場合は、動かさずに手の平をペットボトルの

上に置きます。

(冷えやすい人は手と足を同時に行なうことをお薦めします)

 

ちょっと高価な光電子のパイプの取扱い方の注意

〈光電子のパイプを無くさない方法@〉

121023_2216~01.jpg光電子を無くさないように、

お湯を捨てる時はネットなどをあてるか、

ザルに開けてください。

お湯は光電子でマイルドな水質になっています。

洗顔に使うと、肌にも潤いが増します。

 

まだまだ、他にも光電子のパイプは活用方法があります!

随時ご紹介していきます。

 

光電子100%パワーネットを使った

「ペットボトル湯たんぽ」

こちらも、光電子の「マイクロマッサージ」効果で

不思議なじんわ〜りじんじん温まる感じを体感できます。

(ただし、感じ方は個人差がありますのでご了承ください)

 

@お湯をいれたペットボトルの上に

 パワーネットを乗せます。

121024_2243~02.jpg

この写真は、Sサイズを2つに折って乗せたところです。

 

Aあとは、先程と同じように、

 土踏まずから温めます。

写真(2012-10-24 22.49).jpg

3〜5分このままで、温めます。

 

B指先を温めます。

写真(2012-10-24 22.49) #3.jpg

2〜3分このまま温めます。

 

Cかかとを温めます。

写真(2012-10-24 22.49) #4.jpg

こちらも2〜3分でOKです。

 

D足裏が温まっていない時はもう1度

 A〜Cまで繰り返してください。

 パワーネットは伝達が早いので、

 足が温まりやすいと思います。

 

E足の甲を温めます。

写真(2012-10-24 22.50) #3.jpg

いかがでしたか?頭寒足熱で快適な毎日を送ってください!

 

 

注1)ペットボトルは「固め」のタイプを使ってください。

注2)お湯を入れて、キャップをしっかり締めてください。

 

寒い季節や足の冷えのためのペットボトル湯たんぽ活用方法を

ご紹介しました。