足の休憩室オリジナル商品は、amazon、yahooショッピングでもお買い求めいただけます。
yahoo.jpgamazon.jpg  

箱根湯三昧記 1月25日(水)

北海道の「温泉」はもちろん最高なのですが、さすがに真冬は

行動力が低下します。

そこで、このところ冬は東京で仕事の帰りの箱根の湯が定番と

なりました。

今回、東京もそうとうに寒い日々でしたが(風が・・雨が・・・)

最終日の箱根の朝に驚き!です。

120124_0920~010001.jpg

カーレンを開けたら、そこは水墨画の世界・・・・のように白銀・・・

美しいのですが、いつの間に別世界が構築?されたのでしょうか??

120124_0721~010001.jpgまるで絵画のような美しさに圧倒されました。

今回の宿は塔ノ沢温泉「一の湯キャトルセゾン」

夕食の味噌鍋や杉板焼も美味しかったですが、朝食の具だくさんの

お味噌汁もいいお味で、大満足です。

手(チョキ)「一の湯」の宿泊のうれしい特典

箱根周辺の8つの「一の湯 湯めぐり」が無料!

しかも2日間(1泊の場合、当日と翌日もOK)

さっそく、歩いて1分の「一の湯 本館」の湯へ

 

120124_1004~010001.jpg本館とキャトルセゾンの間にある旅館

真ん中にどど〜んと巨岩、そして松!ものすごいインパクトです。

 

「一の湯 本館」日帰り入浴で1,050円もするのが、

タダってうれし〜いです。

いつも開けている窓からの、風が気にならないくらい温める

泉質もうれしい。

ほぼ、貸切状態でさらにうれしい〜。好きなだけ入れますよ〜。

 

「一の湯キャトルセゾン」の湯も貸切状態です。冬場は宿泊の

方々も少ないので、のんびりしたい人は冬場をおすすめします。

ものすご〜く寛げます。

 

その後、芦ノ湖にある箱根神社へいきましたが

ここはさらに美しい、赤い灯篭と鳥居に雪がみごとに調和した

別世界に引き込まれました。

120124_1052~020001.jpg120124_1111~010001.jpg 

左は入り口の鳥居、右が本殿横の巨大な今年の絵馬です。

いつにもまして、神々しい箱根神社でした。

120124_1108~010001.jpg 絵馬はこんな大きさです。

 

芦ノ湖が大好きなので、さらにあしと名がつくところも親近感があり・・・

そのうち

「芦の休憩室」とか

「芦ノ湖休憩室」っていうお店ができるかも!しれません。

その節はぜひお立ち寄りご利用ください!

 

その芦ノ湖 元箱根にある箱根名物絹引うどんのお店

「絹引の里」にいってきました。

三島名産の黒ごぼうを焼炭でアク抜きした汁と箱根の湧水で

胡椒風味につくった細うどんです。

 

120124_1151~010001.jpg見た目はお蕎麦。

お初の超細麺のうどんは独特のツルツル感ともちもち感

が美味。大雪の日だったのでショウガうどん1,050円にチャレンジ!

ものすごく温まりました。

きれいで広々とした店内は寛ぎます。トイレがとてもキレイでこちらも

広くて使いやすかったです。

10名以上の団体さん向けのコース料理は名物絹引きうどんが食べ放題

で2,100円って魅力的です。ぜひ、10人で参加してみたいですね。

 

いざ!姥子温泉「芦ノ湖 一の湯」へ

うばこはけっこう遠いですが、静かでいいところです。

 120124_1416~010001.jpg 120124_1343~010001.jpg 見るからに効きそうな雰囲気の浴室。

誰も入っていないので、少し熱い湯を湯もみしながら、さらに水を

入れてはいりました。炭酸水素泉の水質はすごい!いつまでも

あったか〜い身体になりました。

泉質は正確には

カルシウム・(マグネシウム)ナトリウム炭酸水素塩泉硫酸塩泉

となが〜いお名前です。痔にも効果があるそうです!

 

120124_1456~010001.jpg 甘酒280円はさわやかな風味

帰りは大涌谷で下車。伊豆箱根バス停前のお土産店で甘酒を!

すりおろしのショウガをサービスで入れてくれました。

おいしいのなんのって、すりたてのショウガは感動的に美味

 

寒い日は「生姜」多用が風邪や冷えに◎

温めたほうが効果がさらに◎◎です

 

すりおろしが風味がよいのですが、なければ市販のチューブ入りの

生姜で代用できます。チャーハンの隠し味にもおいしいですよ。