足の休憩室オリジナル商品は、amazon、yahooショッピングでもお買い求めいただけます。
yahoo.jpgamazon.jpg  

今週の映画便り ダンス編 7月19日(火)

今回は大好きなダンス映画をご紹介します。

気分が落ち込んだ時は、踊れなくても!ダンス映画で気分はダンサー!!!

「レッスン」

アントニオ・バンデラス主演。実話を元につくられたアメリカで社交ダンスが授業に

取り入れらるきっかけになった物語です。

この主演のアントニオ・バンデラスって人は殺人者からヒーロー、ダンサーまで幅広く、

さらにまったく別人格で演じることのできる稀有な役者さん。

この映画でも素敵なタンゴを披露しています。

学生役の方々の今風ダンスはラストで見られます。

アントニオ・バンデラスは「マイアミ・ラプソティ」や「エビータ」でもちょっとダンスを

披露しています。特技はピアノらしいのですが、情熱的な瞳がダンスでも生きています。  

 

「ダンシング・ハバナ」

まず、選曲が最高!次にダンスは初挑戦というメキシコの人気俳優ディエゴ・ルナの

ダンスもかなり高得点。さすが、ラテンの血なのかノリがいいです。

ダンス好きにはたまらないダンスとダンスミュージックが全編に炸裂!でもでも、

こう踊ることは不可能に近い・・・のでは・・・ 。観ている分にはそうとう楽しい!映画です。

 

「ダンシング・ヒーロー」

ダンス映画好きは必ず観ているちょっと古いダンス映画。軽くジョークが入ってなんとなく

オーストラリアだなあ。監督はバズ・ラーマン。主演のポール・マーキュリオという人は

プロのダンサーのなのだとか。俳優以上に美形で驚きました。


「タップ・ドッグス」

こちらもオーストラリアの映画。アダム・ガルシアは美形でダンスが上手い。

題名にあるようにアレンジしたタップダンスが楽しい。かなり前に観て、

忘れている部分が多いのですが、雨の中、パワフルなダンスだったなあ。
 

「ダンス・ウイズ・ミー」 

ヴァネッサ・ウイリアムズ主演のダンス映画。本物のダンサーが多数出演。 華麗です。

ヴァネッサも相手役のチャヤンも本業は歌手。 ラテン系は歌手も俳優もダンスが

上手い。さらにダンスが得意にもかかわらず、5ヶ月間も特訓をした成果、ジェーン・

クラコウスキーとラテンのスター、 チャヤンのダンスは見物です。 

ヴァネッサの美脚にも注目をバー

(日本では無名の)プエルトリコ出身のチャヤンは吸血鬼役のTVドラマ 「ガブリエル」

で超人気者。歌って踊れる美形吸血鬼?でラテン圏ではスーパースターです。

 

 

「ステップ・アップ」

映画初主演のチャニング・ティタムが好演したダンス映画。かなり大柄なのに

キュートなダンスを披露。共演のジェナと映画同様、恋に落ちたのが印象に残って

いる。本作品で大ブレイクしてモテモテ男になっても、その後彼女と婚約して、

たしか結婚したんじゃないかな?という記念すべき純愛路線まっしぐらの映画です。

選曲・ダンスのどちらも素敵な「ダンス漬け」映画です。

本物の恋に出会いたい人はこの映画で、主演2人から恋のパワーももらっては

いかが?でしょうか。

 

 

元気が「チャージ」できる「ダンス映画」を是非お楽しみください。
「足」が本業のため、ダンスよりも足、さらに足裏を見入ってしまうくせがあります。

そして、映画を見ながらも、肩こっているなあ、とか 腰が固いなあ とか

よけいな心配をしながら映画をみています。これも職業病でしょうか・・・・ 

 

ダンスもいい!のですが、足のケアでダンスをもっと楽しんでください!