足の休憩室オリジナル商品は、amazon、yahooショッピングでもお買い求めいただけます。
yahoo.jpgamazon.jpg  

おすすめ映画 感動編 6月18日(土)

「感動する!」「気持よく泣ける」映画は

心を浄化する作用があります。

気分を変えたい時、スッキリしたい時に是非、おすすめの映画をご紹介します。
たまには、映画で「心のデトックス」をしませんか?


「ニューシネマパラダイス 劇場版」

監督がモデルといわれる、全ての映画好きに捧げる映画です。ラストシーンは

忘れられない。失ったもの、失って得たもの、あなたはラストで何を感じる

のでしょうか?

「運命を分けたザイル」

これが実話かと思ってしまう、生還への道のり。不屈の精神で前進する姿に感動

します。非情にも?美しい風景がそこにあります。この映画を見ちゃうと、

自分は相当「甘い」と、反省してしまう。

あきらめないすごさに感動を「大きく超えた感動」が存在します。

「マッハ!」

スタントマンなし(というより本人の前職がスタントマン)の超迫力シーンに感動!

壁をのぼるんですぜ〜。この主役のトニー・ジャーは。信じられない!すごい!

ありえな〜い!自分にも出来そうな気分になることウケアイの「為せば成る」を

体感できる映画です!

「パトリス・ルコントのドゴラ」

音声はオーケストラだけ。風景はアジア各地。ただそれだけで、全てを語る。

壮大な自然と過酷な日常。言葉が無い分、メッセージ力が増殖されています。

生きるということを、問われているような、目を奪う美しい自然のすばらしさ。

そして、作り手が男臭い映画でピカイチのルコントという驚き!も。


「モーターサイクル・ダイアリーズ」

医学生ゲバラ若かりしころの南米大陸横断記。しかし、オンボロバイクは早々に

壊れてしまいどこがモーターサイクルなのか?と思いつつも、あまりにも昔の姿を

残している南米各地の経済の厳しさを知ることに。映画を見てからゲバラの原作

を読むと更におもしろいです。彼が革命家として、目覚めた旅行記。

主演はメキシコの人気俳優ガエル・ガルシア・ベルナル。見事に若きゲバラだった。

 

「アース」

主役は地球の動物たち。たまに、大きく!地球規模で色々なことを考えてみるのも

いいんじゃ〜ないんだろうか?地球は本当に美しく厳しい。

 

「ALWAYS三丁目の夕日」

古き良き昭和が溢れでてくる映画。吉岡君という役者さんは絶対コメディに向いている。

ずっと渥美清さんと演じていたんだし。

このほのぼの感って、感動ものですよね〜。

おまけとしては、この映画、監督のコメンタリーがめちゃくちゃに

おもしろいんです。

 

 「ラースとその彼女」

ちょっと笑えて、しかし真剣に、自分自身と戦う主人公の苦闘?の物語

主演のライアン・ゴズリングは 「ハズレ」の少ない俳優。ほのぼのとした感動があ

る映画です。ラース(主人公)はラースなりに頑張って いる。こんな解決方法も

アリ!かもね。奥深い物語です。

 

 「ひまわり」

古い人しか知らない、ソフィア・ローレンの作品です。一度見てしまうと、ひまわり

を見ると切なさで胸が締め付けられてしまいます。だいたいソフィア・ローレンと

いう方がひまわりみたいな、ハデ〜に美しい人ですし、その昔の名作は、みな

余韻が深〜く漂いますね。


ほかにも、たくさんありますが、思い出せなくてここまでをご紹介します。

お客様から圧倒的に支持されている映画は「ショーシャンクの空に」です。主演の

ティム・ロビンズはどの作品も高水準。(「ザ・プレイヤー」やリメイクの「シャレード」

などの彼もよかったです)